シングルマザー限定マッチングアプリ攻略法

マッチングアプリ再・婚活
この記事は約6分で読めます。

シングルマザーでも出会いがほしい!でも出会う場所がない…そんな人におすすめしたいのが「マッチングアプリ」です。シングルマザーにこそアプリをおすすめしたい理由はいくつかあります。メリットだけではなくデメリットについて、また「誠実な男性を見分けるポイント」「メッセージ作成のコツ」など、アプリ初心者が知りたい情報もまとめました。

シングルマザーがマッチングアプリを使うメリットとデメリット

メリットとデメリット
シングルマザーの皆さんはマッチングアプリを使う前にメリット・デメリットを確認しておきましょう。メリットは「コストが安い」「手軽に相手探しができる」「外出しなくても出会える」ことです。

出会いがある場といえば「合コン」「婚活パーティー」が一般的ですが、どちらも費用がそれなりにかかります。合コンは1回の飲み会で5,000円程度はかかるでしょう。それだけのお金をかけても一度に出会える男性は3~4人程度、その中から相性のいい人を見つけて連絡先を交換できるのはさらに成功率が低くなります。

しかも合コンは夜に開催することがほとんどです。シングルマザーの場合には、夜に子どもを預ける場所の確保も必要になるので、コストも手間もかかってしまいます。婚活パーティーも同じようにコストがかかる、理想の相手に出会える確率は低いのが現状です。

結婚相談所は入会金や月額料金が万単位になるのでさらにお金がかかる、シングルマザーと出会いを求めている男性を探すのに時間を要する、店舗に出向く手間がある、といったハードルがあります。

その点マッチングアプリは女性なら月額料金無料で利用できますし、費用がかかっても数千円程度。また男性の分母が桁違いなのでシンママに理解のある男性も見つかりやすいです

手間という点においても、相手とのやりとりはスマホさえあれば仕事の休憩時間や帰宅時の電車の中、子どもが寝てから空いた時間になど、好きな時間にできます。忙しいシングルマザーにとって、コストもかからず手軽に外出しなくても出会える場所であるマッチングアプリは、最適な出会いの場と言えるでしょう。

デメリットは、相手探しを慎重にしないと「ヤリモク」いわゆる「身体目的」の男性に引っかかってしまうことです。また相手の男性が身分を偽っている可能性もあります。既婚者が独身のふりをしている、年齢や職業などを偽っている人もいるので注意してください。

ただ、結婚未経験者より人を見る目が養われているシンママさんならそれほど心配しなくても大丈夫です。もし恋愛のブランクを感じているなら、勘を取り戻すまで会うのは避けてください。メッセージ交換をリハビリ代わりに利用しましょう。

 

誠実な男性の見分け方

女性の婚活
マッチングアプリ内で素敵な男性と出会うためには「誠実な男性を見分ける」必要があります。「プロフィール欄がしっかり書いてあるか」「すぐ会いたいと言ってこないか」「夜しか会いたがらない」「ハイスペックなのに相手がいない」の5つのポイントをチェックしましょう。

プロフィール欄が空欄、または書いてあっても短い、適当な文章で終わっている男性は、結婚や出会いに真剣ではありません。とりあえず遊べる女性を適当に探している可能性が高いです。

「すぐ会いたいと言ってくる」「夜しか会いたがらない」男性はヤリモク(体目的)でアプリに登録しているケースが多いので注意が必要です。特にシングルマザーの皆さんは、寂しさに付け込むヤリモクに騙されないよう気をつけましょう。

アプリ内のメッセージのやりとりを最低でも1週間は続けること、初デートはできれば昼間少しお茶をするだけにする、これらを守ってくれる男性は誠実な人が多いです。

年収が高くいい仕事に就いている、顔もイケメン、なのにアプリで相手探しを長年している人は、性格に問題がある・ギャンブルや借金癖があるなど、何かしらトラブルの元を持っていることがあるので、年収や顔だけを見て判断することはやめましょう。

 

メッセージ作成のコツ

考える女性
「この人はいい人だ」「自分と相性がいいかもしれない」「会ってみたい」と思ってもらえるために、メッセージのやりとりも慎重にしなくてはいけません。

相手に好印象を持ってもらえるようなメッセージ作成のコツとは「聞き役になる」「質問返しをする」「長文すぎる内容は送らない」の3つです。

男性は自分の話をしっかり聞いてくれる女性は「自分を理解してくれた」と思います。自分を理解してくれる女性=相性が良いと思ってくれるので、男性の話はしっかり聞いて共感してあげましょう。

そして「質問には質問で返す」ことを忘れないでください。例えば「今日のお休みは何してたの?」と聞かれたときに「出かけてました」で終わりにする人と「出かけていました。〇さんは何をしていましたか?」と返信してくれる人ならば、後者の方がそのあとの話も続けやすく好印象です。質問されたら同じ内容を質問するだけでいいので、実践しましょう。

意外とやってしまうのが「長文のメッセージ返し」です。「今日は〇〇に行ってから〇で食事をしました。そのときにパスタを食べたけれどデザートも食べたくなって、帰宅してからアイスを食べてしまって、そのあとお風呂に入って…」とまだまだ続くような長文は、読んでいて疲れてしまいます。

一言しか返さないメッセージも問題ですが、長文すぎる内容を好む男性は少ないですし、どう返信すれば悩んでしまうでしょう。できるだけ簡潔に返信をするように心がけてください。

 

マッチングアプリで出会った男性とデートする場合の注意点

化粧をする女性
メッセージのやりとりを何回かして、いよいよ初デートです。普通に職場や友人の紹介などで知り合った相手ではなく、マッチングアプリで出会った男性とデートをする場合にはいくつか注意点があります。キーワードは「デートの場所」「服装」「時間」です。

初デートの場所は人目に付く場所であるカフェやレストランなどにしましょう。ドライブデート・カラオケデートなど、密室になる場所は避けてください。いくらマッチングアプリで何度もやりとりをして信用ができると判断しても、実際に会うと印象が違ったり、ヤリモクの可能性もあります。初デートは密室にならない場所であること、人が多いところがおすすめです。

服装はできるだけ女性らしいフェミニン系にしましょう。ワンピース・スカート+アンサンブルやシャツなど、清潔感があり小綺麗な服装を好む男性が多いからです。第一印象で今後の2人の関係が続くか終わるかも決まりますので、初デートの服装は慎重に選びましょう。

そして「時間」ですが、あまり夜遅い時間にならないようにします。できれば昼間、カフェで2~3時間程度お茶をするだけにしておきましょう。仕事の都合などで夜しかデートできない場合も、2~3時間程度食事をして解散にしてください。

シングルマザーのみが使えるデートの切り上げ言葉に「子供を迎えに行くから」があります。諸刃の剣ではありますが、子どもに対する反応を見たいなら試してみてもいいでしょう。

それと待ち合わせ時間に遅れてしまうと時間にルーズな人という悪い印象を持たれてしまいます。待ち合わせ時間より早めに着くようにする、子どもの世話などでどうしても遅刻してしまうときは早めに連絡するようにしましょう。

 

シングルマザーとマッチングアプリまとめ

マッチングアプリは忙しいシングルマザーにとって出会いの助けとなるアイテムです。何かとトラブルが悪目立ちしますが、メッセージのやりとりやデートに気をつけていけば、元々男を見る目に優れたシンママさんなら容易に危険を回避できるはず。今後の生活を楽しく豊かにしていくために、マッチングアプリの利用を検討してみましょう。

 

シンママ向けマッチングアプリ厳選チョイス

無料系

マリッシュ

◎シンママだけの特典満載
◎国内のシンママの2割(25万人)が登録
◎会員の7割がバツイチで離婚歴のハンデなし
◎男性会員の4割が年収600万円以上
◎無料ビデオ通話完備で安心

有料系

ゼクシィ縁結び

◎東証一部上場企業のリクルートが運営
◎会員の8割が6ヶ月以内に恋愛成就
◎結婚願望高めの会員中心
◎専任コンシェルジュがデートの日時を調整
◎ビデオ通話完備で安心

 

そのほかの婚活サービスについては↓

シングルマザーの婚活
長年離婚と婚活の相談を受けてきたファイナンシャルプランナーが、シングルマザーの恋愛や再婚に適したおすすめのサービスをご紹介。正しい情報の収集こそ成功への近道です。
タイトルとURLをコピーしました