再婚に向けた婚活にチャレンジ!

再・婚活
この記事は約3分で読めます。

過去に結婚生活にピリオドを打ったシングルマザーであっても、時間が経てば共に人生を歩んでくれるパートナーがほしい、そういった感情が生まれるのは不思議ではありませんし、むしろごく自然のことです。

そうは言っても結婚に失敗した自分が婚活していいものか、と真面目なシンママほど思い悩んでしまうようです。

ですが現代は3組に1組が離婚するご時世。離婚は珍しいものではない時代になっており、自分を卑下する必要はまったくありません。むしろ非婚化、晩婚化が加速しているなか、私は結婚したことがあるのよ!と胸を張るたくましいシンママもおられるくらいです。

自分の結婚生活の反省点を省みて二度と同じ轍を踏むまい、次の結婚相手は間違えない、そんな決意をしているシンママなら、今度こそ幸せになれるチャンスはやってくるはずです。

離婚経験は「キャリア」

育児をする女性
結婚していた過去は消し去りたいという気持ちはあるかもしれませんが、シングルマザーは出産、育児の経験つまり「キャリア」を持っています。

これは婚歴のない女性は持ち合わせていないキャリアであり、そのキャリアが魅力的に映る男性が決して少なくないのは、気休めではなく、事実です。

いまだに深い傷を負っているかもしれませんし、あの頃の自分の至らなさに悔いてしまっていることもあるやもしれません。

ですがそんな結婚の経験があったからこそ、今のあなたがいるわけですし、未来に幸せになる権利はあります。いつまでも立ち止まっているのではなく、婚活という行動に移してみましょう。

シングルマザーの婚活一覧

子どもは諦める理由にはならない

子供と一緒に頑張る女性
「子どもがいる私を相手してくれる男性なんて・・」と自分から諦めモードに入ってはいないでしょうか。

子どもありの影響がゼロとは言いませんが、ご自身が思うより婚活市場は寛大です。例えば同じような環境で生活しているシングルファーザーから声がかかることは多いです。境遇が違いもの者同士、気持ちが分かりあえる部分は大きいでしょう。

また、子どもができにくい体と自覚している男性にとっては、むしろ子どものいる女性をあえて探しているケースもあります。さらにその女性が愛しいなら子どもがいても関係ない、お父さんと呼ばれたいと思う男性も決して少数派ではないのです。

むろん子どもをないがしろにするような恋愛はNGですが、子どもを優先したうえでの恋愛は何の問題もありません。

第2の人生を謳歌しましょう


人生100年と言われる時代にさしかかり、残りの人生をずっとパートナー不在の味気ないものにしていいのでしょうか。

もう男性はいいという女性には無理強いしませんが、もし“再婚したいという気持ち”があるなら、その気持ちは大切にしてもらいたいです。幸せを求めるのに理由はいらないのですから。

シングルマザーのアドバンテージは、離縁という大きな挫折をしているからこそ、相手を思いやる気持ちが人一倍強いことです。また未婚者によくある結婚に夢見がちになることはなく、結婚に現実的に考えることができるのもプラスに働きます。

人間、何歳からでもやり直しはききます。自分から第2の人生を閉ざすのではなく、新たなる人生のために再スタートを踏み出してみてはいかがでしょうか。

婚活サービスの中にはシンママ、シンパパを優遇しているマッチングアプリがありますし、料金を割引している結婚相談所もあります。早期に再婚を目指すものから、まずは恋愛をというものまで様々です。詳しくは下記リンクをご参照ください。

シングルマザーの婚活一覧

タイトルとURLをコピーしました